あなたはこのようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 子供を抱き上げる時に膝が痛い
  • 産後、気付いたら膝が痛かった
  • 肩や腰が辛いが膝も気になる
  • しゃがむ時に痛い
  • 歩く時や座っている時にガニ股気味
  • 産後、または以前からO脚が気になる
  • 歩行時、軽い運動でも痛みがある

このような産後のお悩みが1つでもあれば当院がお役に立てるはずです。

産後膝痛の原因とは?

原因1 骨盤を中心に全身の靭帯が緩くなる

妊娠中から『リラキシン』というホルモンの影響で骨盤を中心に全身の靭帯が緩くなります。靭帯が緩い状態だと関節が不安定になり、周りの筋肉の負担が大きくなります。

特に骨盤が緩い、または開いていると骨で体重をうまく支える事ができなくなり、筋肉の負担が大きくなります。産後の膝痛は筋肉の負担が大きくなり発生するものがほとんどです。

骨盤を締めていく矯正をしていくこと、一人ひとりの膝痛の原因になっている筋肉を緩めることで痛みが軽快していきます。
膝痛の原因になる筋肉は股関節周囲、太もも、ふくらはぎの外側などにある場合が多く、自分で思っているところとは全く別のところに痛みの原因があるかもしれません。

原因2 抱っこ

当然、産後は『抱っこする』という時間ができる、または増える分、膝の負担は大きくなります。抱っこしないわけにはいかないのである程度の負担はかかりますが、抱っこの仕方、抱き上げる時の動作で膝にかかる負担は大きく変わります。

抱っこして立っている時は赤ちゃんの体重の分もあなたの膝に負担がかかります。赤ちゃんをあやす際の揺らす動作で膝に負担をかけている場合もよく見られます。

原因3 立ちしゃがみの多さ

産後は育児や家事などで立ったりしゃがんだりする事が多くなります。立ったりしゃがんだりを繰り返すと徐々に膝の負担は溜まっていきます。立ち上がり方やしゃがみ方などの体の使い方を改善することが大事になります。

特に赤ちゃんを床から抱き上げる際に膝が痛い、立ちしゃがみの際に膝が痛いという産後ママが最も多いケースです。

原因4 足関節・股関節

足首にある関節や足の指の関節の動きが硬かったり、バランスが悪いと、膝にかかる負担は大きくなります。足関節や周りの筋肉の影響で、膝の内側の方ばかりに体重がかかったり、膝に捻れる力が加わって膝痛の原因となるのです。

同様に股関節の動きが硬かったり、捻れている場合も膝痛の原因になります。膝痛をなくすうえで足関節や股関節の状態を改善することは必須となります。

整体院りむーぶの産後膝痛に対する施術

1 全身の状態を確認しながら筋肉の緊張や疲労を取り除いていきます。気持ち良い、イタ気持ち良い程度のリラックスできる刺激になります。

2 横向きで股関節から大腿部などの膝に関係する筋肉を調整します。

3 横向きで背骨、骨盤をじっくり押圧しながら整えていき、骨盤を安定させていきます。痛みはありません。

4 仰向けで骨盤、股関節の調整をして骨盤をさらに締めていきます。土台が安定することにより膝の負担も軽減します。

5 体重を筋肉ではなく骨で支えられるように、足の調整をします。

6 動きを確認した後、必要に応じて座位、または立位でさらに痛みや動きを改善させます。

※上記は産後膝痛の大まかな施術内容になりますが、内容は一人ひとりの状態により変わります。
※初回はカウンセリング・検査の割合が多くなりますので、施術時間の目安は30分〜40分程度になります。
※2回目以降は施術時間の目安が50分〜60分程度になります。