あなたはこのようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 抱っこ紐をすると腰が痛い
  • 授乳中に腰が辛い
  • 産後、腰痛がひどくなった
  • 抱っこしている時間が長くて腰が辛い
  • 抱き上げる時に腰が痛い
  • 朝起きるときや夜寝る時に腰が痛い
  • 元々姿勢が悪かったが産後は特に猫背になった
  • 産前からずっと腰痛がある

このような産後のお悩みが1つでもあれば当院がお役に立てるはずです。

産後腰痛の原因とは?

原因1 骨盤を中心に全身の関節が不安定になる

妊娠中から『リラキシン』というホルモンの影響で骨盤を中心に全身の靭帯が緩くなります。

特に骨盤という土台がグラグラと不安定になると、その土台を支えようと腰や骨盤周りの筋肉の負担が大きくなり腰痛に繋がります。

原因2 抱っこ・抱っこ紐

当然、産後は『抱っこする』という時間ができる、または増える分、腰の負担は大きくなりますよね。
抱っこしないわけにはいかないので、ある程度の負担はかかりますが、抱っこの仕方・抱っこ紐の使い方で腰にかかる負担は大きく変わります。
特に、床からお子様を抱き上げる時には、腰に大きな負担がかかるため抱き上げる時に痛いという方も多いです。

原因3 前かがみの多さ

産後は育児や家事などほとんどの行動が前かがみになります。
前かがみが多くなるとその分、後ろで支える背中の筋肉に負担が大きくなり腰痛に繋がります。背骨にある椎間板の内圧(腰の負担)は立位よりも前かがみの方が1.5倍、座っての前かがみで1.85倍強くなり、前かがみの体勢が多い産後は腰の負担がかかりやすいのです。

原因4 産後のストレス

ストレスが溜まることにより自律神経が乱れます。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経優位になると筋肉に力が入り、副交感神経優位になると力が抜けてリラックスできます。
ストレスが溜まることにより交感神経優位になるので筋肉に力が入り腰痛、腰のだるさを感じてしまう方も多いです。

原因5 睡眠環境

産後は授乳や夜泣き、そうでなくても気になって起きたりと、どうしても睡眠不足になりますよね。
本来、寝ている間に疲労を回復させるホルモンが出るのですが、睡眠の質が悪いと回復されず日に日に溜まっていきます。
腰痛だけでなく、産後太りの原因にもなりやすいのが睡眠不足です。

産後腰痛の原因を詳しく知りたい方はこちらから。

整体院りむーぶの産後腰痛に対する施術

産後専門の骨盤矯正

当院は産後に特化した整体院です。他院よりも圧倒的に産後の骨盤矯正を経験しておりますので、どこでもやっている骨盤矯正とは異なり『産後骨盤矯正』を行うことができます。

産後腰痛の原因に対する施術

ただ腰を揉んだり、ただ全身をマッサージしても腰痛が改善される可能性は低いです。腰痛の本当の原因に対して施術を行う必要があります。
お腹や臀部、股関節、足首など一人ひとりの腰痛に関連する筋肉や関節を全身的に見て調整します。

セルフケア・姿勢や体の使い方指導

当院へ通院中、今後ご自身で腰痛予防・改善が行えるように一人ひとりの腰痛に合ったセルフケアをお伝えしていきます。

セルフケアも必要最低限で済むように、あなたの姿勢や体の使い方の癖と改善法もお伝えします。

当院は産後に特化しておりますので、産後の体の状態・産後に多い姿勢・産後に多い体の使い方・骨盤ベルトや抱っこ紐のことなど細かなアドバイスが可能です。

整体院りむーぶの産後腰痛に対する施術の流れ

一人ひとりの状態によって施術内容は変わります。下記は基本的な流れとなります。

1 全身の状態を確認しながら筋肉の緊張や疲労を取り除いていきます。気持ち良い、イタ気持ち良い程度のリラックスできる刺激になります。

2 横向きで背骨、骨盤をじっくり押圧しながら整えていき、骨盤を安定させていきます。痛みはありません。

3 仰向けで腹部、股関節周りなど腰に関連する筋肉の調整をしていきます。

4 仰向けで骨盤、股関節の調整をして骨盤をさらに締めていきます。土台が安定することにより腰の負担も軽減します。

5 体重を筋肉ではなく骨で支えられるように、足の調整をします。

6 動きを確認した後、必要に応じて座位、または立位でさらに痛みや動きを改善させます。


※初回はカウンセリング・検査の割合が多くなりますので、施術時間の目安は30分〜40分程度になります。
※2回目以降は施術時間の目安が50分〜60分程度になります。